「ネガ子」の性格も3歳からの「腰の反り」も卒業し、夢はお茶目で踊れて仕事もできる「スーパーかっこイイばぁちゃん」  スーパーかっこイイばぁちゃん候補生 さん(女性・47歳)<会社員/主婦>

  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室

「ネガ子」の性格も3歳からの「腰の反り」も卒業し、夢はお茶目で踊れて仕事もできる「スーパーかっこイイばぁちゃん」  スーパーかっこイイばぁちゃん候補生 さん(女性・47歳)<会社員/主婦>

 

神楽坂ゆる体操教室に通いはじめたのは4年前。当時、私は、仕事で部署が変わったばかりでした。新しい職場は、劣悪な環境で、仕事自体が厳しい上に、ちょっと変わった上司の影響で、ココロを病んで会社を辞める人が後を絶たない状況でした。そんな職場だったので、周囲にも心配され、私自身がココロを病んでしまわないかと心配で心配で。「ゆる体操」は自分を自分で守るために探した「自己防衛策」の一つでした。私は昔から、落ち込むと悪いほうへ悪いほうへ考えるクセがある「ネガ子」で、10年以上前にカウンセラーの資格をとったのも、自分の「ネガ子」対策でした。

さてさて、話を戻しますが、初対面の坪山先生の印象というと「あら、意外と弱々しいのね」(先生、ごめんなさい)でした。だって、ホームページには空手選手だったとか書いてあるじゃぁないですかぁ。若干、空手道場をイメージして行ったのでギャップがありました。通い始めた頃は、先生の例の「だじゃれ連発」に、半ばあきれていた自分でしたが、半年たった時くらいでしょうか。いつの間にか、レッスンで誰よりも笑っている自分がいました。

その頃からです。レッスンが終わると、レッスン前より自分の「ネガ子度」が減っていることに気づきました。「あれ?さっきまで、あんなに気にしていた来週の仕事のこと、気にならなくなってるぅ」といったキモチの変化です。これは私にとって一番嬉しい変化でした。

そんな「ネガ子」からの解放だけでなく、もう一つ大きな変化がありました。それは「腰の反り」です。私は3歳からバレエを始め、途中、中学・高校の部活などでブランクもありましたが、踊ることの楽しさが忘れられず、つかず離れず踊りは続けていました。でも、私の最大の「身体的な欠点」は腰が反っていることでした。その欠点は3歳の頃に遡ります。出会う先生、出会う先生に、ことごとく「おしり、仕舞って!」と注意され続けてきました。この「腰ソリ子」は、かれこれ40年間もその異名を返上できないまま、アラフィフまでダンスを続けてきました。

もちろん、本人なりにその欠点を直そうと一生懸命がんばったんです。ただ、がんばる方向が違っていたみたいです。私にとって「がんばる」は、力でねじ伏せること。そのために、腹筋やら背筋の筋トレをやったり、踊っているときも常に、おしりに力を入れ続けました。ところが、ある時バレエの先生に「踊りに力が入りすぎている。40%の力で踊りなさい」といわれる始末。「え~、力入れないと、お尻が仕舞えないのに・・・」。

そんな、私に、腰をゆるめてくれる「ゆる体操」との出会いは、40年待ちに待ったものでした。「腰のソリ」が少しづつ解消することで、バレエの回転の軸がはっきりして、安定するだけでなく、踊り全体が大きく「優雅」になった気がしています。「あぁ、もっと早く出会っていたら、世界に羽ばたくダンサーになっていたのでは?」と、恐れながらも、思う今日この頃です。

さて、ココまで「ゆる体操」がイイ事づくめみたいに書きましたが、その効果は、一朝一夕ではないこと、誤解なきようにお伝えしますね。  「ゆる体操」を初めて間もない頃、坪山先生に「この腰の反りが改善して普通になるのに、どのくらいの期間がかかると思いますか?」とお聞きしたところ「コンスタントに続けて4年~5年ですね」と先生。

「肩こりや腰痛が楽になるとか、冷え性が改善する・・・といったことなら数ヶ月とか、早い方なら数回でも変わるものですが、長年の生活習慣で大きく歪んだ骨格が元に戻るにはそれなりに時間も必要です。でも逆に言えば、正しいやり方を続けていけば身体は必ず変わる、ということです」。

それを聞いたときは、「長すぎる~」と思いましたが、今となっては、あっという間に4年がたちました。4年間楽しく通い続けられたのは、神楽坂教室ならではの、フレキシビリティのある受講システムや、先生や教室の個性あふれる楽しいメンバーが織り成す、あたたかい雰囲気のおかげだと思っています。

さて、もう一つ、最近私に起こった「危機一髪」の事件をご紹介します。それは、今から半年前に起きました。私の仕事上の失敗で、億円単位の損失を会社に与えてしまったのです。ミス自体は私ではなかったものの、そのミスを予知できなかったことが、私の最大の失敗だったと深く反省しています。それが発覚したあと、元「ネガ子」の私は「ど~ん」と落ち込みました。その損害額の大きさに打ちのめされました。「もう会社続けられない」と思うほどでした。

そんな落ち込む私を救ってくれたのは第一に家族でしたが、もう一つは「ゆるウォーク」でした。

教室では「ゆる体操(初級・中級)」のクラスのほかに、日曜午前の「ゆるウォーク」のレッスンにもコンスタントに通っていますが、その「実践編」という感じで、通勤時に数駅前で電車を降りて40分間「ゆるウォーク」で歩く、ということを震災後から始めていました。

毎朝、ゆるんだ状態で仕事が始められるその快適さが心地良くて、それはすっかり習慣化していました。

「大事件」を起こしてしまった当時、私は「不甲斐なさ」「悔しさ」で、事件後の1週間は、夜帰ると家で泣き続けました。その余韻からか、朝も「ゆるウォーク」しながら、最初の10分くらい泣き続けました。

「歩いていると、他人が泣いているかどうかなんてわからないに違いない」と思い、人目もはばからず、思いっきり泣きました。そうこうして、20分経過地点になると、そろそろ涙が乾きます。30分地点で、いつもの神社にお参りし、残り10分で仕上げます。すると不思議、会社につく頃には「さぁ、今日もがんばるか」という気分になれたんです。そんな日々が1週間くらい続きました。

始めは、どうしてそんな変化が起こるか気がつかなかったのですが、今は「ゆるウォーク」のおかげなのかもしれない!と勝手に思っています。

「大事件」から半年たちました。今もこうやって、前向きに会社に通っている自分がいるのも、家族や周囲の支えはもちろんですが、これまで続けてきた「ゆる体操」や「ゆるウォーク」そして、「神楽坂教室の先生方」や「一緒に学ぶ皆さん」のおかげだと心から感謝しています。

テーマにあげた「スーパーかっこイイばぁちゃん」は私の夢です。「スーパーかっこイイばぁちゃん」とは、おばあちゃんなのに、ヒップホップなどの踊りが上手で、仕事もバリバリできて、背筋が通っていて、それでいて、どこかお茶目で色気があるばぁちゃんです。そして、願わくば、そんな「スーパーかっこイイばぁちゃん」にその日がやって来たら、前の夜まで大笑いしていながら、翌朝コロリと苦しまずに天国に逝きたと思っています。それが、私の描く未来像です。

その夢のための、私の最大の武器が「ゆる体操」だと思っています。 私は「戦うのが好き」というわけではありません。でも、生きていると戦わなくてはいけないこともありますよね。老いとか病とか、天災とか・・・。それでも、自分らしく生きていくために「武器」は必要だと思います。

これからもこの「ゆる体操」という「武器」を磨いて、「スーパーかっこイイばぁちゃん」に、私はなります!

スーパーかっこイイばぁちゃん候補生 さん(女性・47歳)<会社員/主婦>  *2007年5月 神楽坂ゆる体操教室入会


記事一覧

  1. 会社で課長に“飛び級”昇進し、ヘッドハンティングで好条件の職場に転職。「ゆる体操」で“疲れにくいカラダ”を手に入れた効果が、こんなところにも・・・(!)~Y.Hさん(男性・33才)<会社員>~
  2. 50代でも体は変わることを実感!めざすは「ゆるシニア」。~T.Mさん(女性・59才)<会社員/主婦>~
  3. 夫婦で「ゆる体操」! それぞれの効果は・・・? 妻:A.Yさん(37才) / 夫:A.Yさん(49才)
  4. 体調を崩し、会社を退職したときに神楽坂教室入会。現在復職し、元気に働けているのは「フリー受講」制度があったから・・・。~S.Mさん(男性・33才)<会社員>~
  5. 〔姉妹リレー版〕40代なのに、二人揃って身長アップ。「ゆる体操」の思わぬ効果に驚いています・・・~姉:K.Wさん(女性・49歳)<デザイナー/主婦>&妹:I.Eさん(女性・48歳)<会社員/主婦>
  6. ゆる体操の奥深さに「目からウロコ」。1年間で「別物」の体になりました。~Y.Tさん(男性・52歳) <会社員>
  7. ゆる体操・1年続けてわかったこと~M.Nさん(女性・63歳)<会社経営/主婦>
  8. ゆっくりと、螺旋階段をのぼるように・・・~私とゆる体操の10年間~ K.Mさん(女性・40代)<産後ドゥーラ/主婦>
  9. 1か月限定でフリー受講体験。その成果は・・・?  T.Mさん(男性・39歳)<会社員>
  10. フリー受講を通して思ったこと、気づき、自分の変化 Y.Kさん(男性・21歳)<大学生>
  11. 会員さんからの声
  12. 慢性関節リウマチの私。マイペースで「寝ゆる」と「椅子ゆる」を楽しんでいます。  A.Yさん(女性・67歳)
  13. ずぼらで三日坊主、長続きしない私にピッタリの“救世主”!? H.Kさん(女性・54歳)<主婦>
  14. 花園出場と、レギュラー獲得を目指して・・・  T.Yさん(男性・18歳)<高校生>
  15. 40代で初めての出産。病院の先生も驚くほどの安産でした。  N.Hさん(女性・40代)<主婦>
  16. ワクワクしながら、ヨガ教室に入会。が、しかし・・・  K.Mさん(女性・30代)<会社員>
  17. 日舞の発表会の前に「肩こりギュードサー体操」をやったら・・・  S.Yさん(女性・35歳)<編集者>
  18. 腰椎椎間板ヘルニアの手術を2度受けた後、さまざまな健康法を試し・・・。  G.Hさん(男性・42歳)<会社員>
  19. ゆる体操のレッスンの後、バレエの先生に、「今日はいつもと何だか違いますね」と・・・ 国府田彩子さん(仮名・女性・40代)<会社員>
  20. 仕事で努力し続けられるのも、「ゆる体操」をやっているから・・・ 山口 慶さん(男性・23歳)<会社員>