• 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室
  • 神楽坂ゆる体操教室

「2月14日の思い出 」

▲明日、2月14日は「神楽坂ゆる体操教室」開校8周年の
 記念日です。

 毎年この時期になると、開校初日のことを思い出します。
 
 8年前の2月14日は、土曜日でした。

 オープン記念のセレモニーもお祝いの花輪も、ありません。
 それどころかレッスンの予約も、1件も入っていません。

 この日の朝に、ごく簡単な教室の内装工事が完了し、
 そのまま自動的に「オープン」となりました。

 「神楽坂ゆる体操教室」の看板がビル1階の壁面に掲げら
 れると、前を通る人の波が一斉に「何だろう?」と目をやり
 ました。

 不思議なことに、その視線は看板ではなく、自分に向けられ
 ているように感じられ、私は大勢の観客の視線が注がれた
 舞台の上に突然引っ張り出されたような感覚に襲われました。
 一瞬、怯みそうになった気持ちを下腹に落とすと、今度は静か
 にじわじわと、気力が湧いてきました。

 「よし、やるぞ・・・」

 
 当時はまだ、「ゆる体操」という名前も世間では殆ど知られてい
 ませんでしたし、実際にゆる体操の指導活動を行っている指導
 員も全国で数名いる程度。

 そんな中で、本格的な「ゆる体操専門スタジオ」を開業してしま
 った訳ですから、冷静に考えれば相当に不安な状況です。

 「ゆるめることが大事、という考え方を理解してくれる人がどれく
  らいいるのだろうか?」
 「そもそも、“体操”を、お金を払ってまでやりたいと思ってくれる
  ものなのだろうか?」
 
 ・・・ 8年前は世の中の「体」や「健康」に対しての関心も、今よ
 りずっと低い時代でしたから、こんな基本的な部分から、「やって
 みなければわからない」状態でした。

 だから当時の私は、努めて考えることをやめ、心の中に不安な
 気持ちが浮かび上がってきそうになったら、ひたすら「ゆる」のト
 レーニングをするようにしていました。

 ともあれ、見込み生徒数ゼロで、初日はスタートしました。

 当時の土曜日のレッスンスケジュールは
 
 ・ 10:30~11:40
 ・ 13:30~14:40
 ・ 15:00~16:10
 ・ 16:30~17:40

 の計4コマ。

 生徒さんがいないので、教室の中でひとり、ただひたすらトレー
 ニングを繰り返しました。それは、レッスンのウォーミングアップ
 であるとともに、不安な気持ちに打ち勝つためのトレーニングで
 もあります。

 10:30クラス。誰も来ず。
 13:30クラス。やっぱり誰も来ず。
 15:00クラス。 もちろん誰も来ず。
 
 ・・・ この頃になると自主トレにかなり深く没頭し始め、すっかり、
 今が教室のレッスンの時間で、たまたま生徒さんがどなたもいら
 っしゃらないから自主トレをしている、という目下の状況すら、忘
 れてしまっていました。

 時間が経つのも忘れ、外が暗くなってきたのにも気付かず、内装
 が完了したばかりの「自分の教室」でひとり、ゆるんだ幸せ感に
 浸りながらトレーニングに打ち込んでいると、
 教室の入り口にひとりの女性が立っていることに気付きました。

 「たまたま下を通りかかったら看板を見つけて・・・。体験をさせて
 いただけませんか?」

 この方が、記念すべき、神楽坂ゆる体操教室の生徒さん第1号と
 なりました。

 記入していただいた入会用紙の右端に書いた会員番号は「K1」。
 「K」は神楽坂のKです。

 イチロー選手が初めてメジャーリーグの公式戦に出場し、最終第4
 打席でようやく初ヒットを打てた時のことに触れ、
 
 「あの1本が出るのと出ないのとは大きな違い。あの1本が出たこと
 で、アメリカでやっていける気持ちが湧いた」

 といったコメントをしていたのを見たことがありますが、
 私があの日に味わった気持ちは、この言葉にとても近かったような
 気がします。
 
 あの日、「K1」でスタートした会員番号は現在、「K736」まで進んで
 います。

 この数字が、必ずしも私の仕事の生み出した価値の大きさを示す訳
 ではないのですが、8年間でこれだけの方々が「ゆるむ」ことの大切さ
 を理解して下さり、この教室で一緒に体操に取り組んで来て下さった
 ことを考えると、とても感慨深い数字でもあります。

 そして自然と、一人ひとりの皆さんへの感謝の気持ちが湧いてきます。
 
 8年前のあの日の「やるぞ!」という思い。
 ひょこっと体験に来られた「K1」さんとのレッスンを終えた時、つくづく感
 じた「生徒さんの存在」のありがたさ。
 
 ・・・ ここでもう一度深く味わって、9年目に臨みます。
 
 私の、これまでの人生で一番思い出深い、2月14日のお話しでした。
 お付き合い、誠にありがとうございます。

 では、今日はこんなところで。


記事一覧

  1. 「美人力アップのゆる体操」<20060820配信>
  2. 「踵クルクル体操」(1)<20060720配信>
  3. 「美しくやせる ゆるダイエット」(20060620配信)
  4. 「足ネバネバ歩き」(1)<20060620配信>
  5. 「ゆる呼吸法革命」(20060520配信)
  6. 「脇フワモゾモゾ体操」(1)<20060520配信>
  7. 創刊のご挨拶<20060520配信>
  8. 「神楽坂ゆる通信」